つれづれ日記

お世話になりました・高円寺書林さん 

(2014/2/27)

『仕事文脈』vol.1からずっと販売いただいていた「茶房高円寺書林」さんが、2014年2月末でお店を閉められることになりました。

リトルプレスを出してみたものの、その先どうすればいいのかよくわかっていなかった頃、知人を介して見せてほしい、と声をかけてくださったのが高円寺書林の店主、原田直子さんでした。
うちのような新しい、小さいところも快く受け入れてくれてとても心強かったのです。閉店は本当に残念で、なんとなくぐずぐず先延ばしにしていたら閉店1日前になってしまい、あわてて精算にうかがいました。

店内、カフェスペースは片付けられ、本も小物もだいぶ減っていました。
IMG_1431

販売品はもちろん、書架やテーブルなどもセールになっていました。激安です。

IMG_1430

たまたま居合わせた他の出版社さん、アーティストさん、原田さんと一緒にお茶を飲みながらお話ししました。しかし。お疲れさまでした、寂しいですねえ、なんてセンチメンタルな話は一瞬で、原田さんは次の企画をガンガン立てて、それがものすごいおもしろかった!もうひとつの拠点、西荻窪の信愛書店さんを大改造して、新しいことをする計画がすすんでいるそうです。ブックカフェとか複合店とかいろんな本屋さんが増えてますが、それは初では?という試み。原田さんの行動力、すごいです。
刷りたての名刺には、「スペース en=gawa プロジェクト」とありました。
この秋頃、新装信愛書店がオープンだそうなので、要チェックかと!

 

トップへ戻る