掲載情報

掲載情報〈2022年4月~5月〉【生きるためのフェミニズム パンとバラと反資本主義】【くそつまらない未来を変えられるかもしれない投資の話】【かなわない】 

(2022/5/10)

【生きるためのフェミニズム パンとバラと反資本主義】

・『週刊金曜日』第1374号(2022/4/21発行)

表1・表4_0422_2校.indd

書評が掲載されました!評者は、神戸学院大学講師の山口真紀さんです。

「本書は『反資本主義としてのフェミニズム』を標榜する。」「資本主義は家父長制や弱者排除と不可分であり、何重にも女性を周縁化し、分断させていると著者は指摘する。」

修正生きるためのフェミニズム週刊金曜日20220422山口真紀さん書評

著者や、著者が路上などで出会ったさまざまな方々、そして編集や装丁家がつないだ「フェミニズムの抵抗のバトン」を評者もまた受け取ってくださったというご感想、とても嬉しく拝読しました。


【くそつまらない未来を変えられるかもしれない投資の話】

NewsPicks(2022/4/29)
【実践】くそつまらない未来を変えてゆく円安時代の投資の話(連載 日本人のための円安原論)
newspickスクショ

『くそつま』著者のヤマザキさんが、投資から海外のスクウォット、老後資金まで縦横無尽に語ってます!


「僕は、大銀行がどうしても好きになれなくて、そこにお金を預けたくないという思いで投資を続けている部分もある。好きでもない銀行に預けておくよりは、良いと思える会社の株式にして持っておいたほうが、いくらか未来の役に立つ。」
「今、円安が話題だ。未来のシナリオが 100 種類くらいあるとしたら、甘く見積もっても、そのうち 85 シナリオくらいで、日本円は流行っていないだろうなと思っている。」
「くそつまらない未来はどんどん迫ってくるけど、変えていく方法は確実にあるし、別にいばらの道だとも思わない。未来を考えて楽しく生活していれば、世の中はちょっとずつよくなってしまうかもしれない。」


具体的な示唆に富み(改めて「投資しよう」と思いました)、読み応えのある大ボリュームの論考。途中から有料です。


【かなわない】

『私たちのときめき手帳&文具』日経WOMAN別冊(2022/5/14発行)

7160-6+I+hL

下北沢「日記屋 月日」久木玲奈さんがおすすめする「読むだけでなぜか癒される 専門店おすすめ『日記』本」(p.72)にご選出いただきました。

IMG_7621

「写真家・植本一子さんが書かずにはいられなかった結婚・家族・母・苦悩・愛。すべての期待を裏切る一大叙事詩」、「母・娘など『あるべき姿』に疲れてしまったすべての女性へ」とおすすめいただきました。

何年も前に出た本ですが、コロナ禍で心が知らず知らずのうちに疲れている今だからこそ響く部分があるのだと感じています。改めて多くの方にお読みいただきたいです。

トップへ戻る