タバブックスの本

SB3cover

仕事文脈 vol.3

ざっし

定価 本体600円+税
A5判・80ページ
ISBN978-4-907053-02-4
2013年11月発行

ふつうに仕事をしていくのが難しすぎる
小さいけど深くてモヤモヤする、女と仕事の話いろいろ

女の仕事の話といえば。女性活用 で経済成長? 働く女VS専業主婦? ソーシャル? ノマド? 特別なテーマは目立つけれど、実際働いているなかで何が起きているのか、何に困っているのか、そんなことは世間ではスルーされがち。女の時代だ、女性が社 会を動かしているとか言われているけど、じゃあなぜみんなこんなに仕事や働き方に迷っているのか。
見なかったことにされているけど、確実にある。そんな女と仕事についての話を集めてみました。

 特集 女と仕事

--コラム
  インターネットと有名税   雨宮まみ 
  労働系女子ドラマとして観る「あまちゃん」 トミヤマユキコ   
--対談
『しごととわたし』と仕事を語る  梶山ひろみ × 近藤佑子  
   女と金と仕事〜女性誌30年分から見えてきたもの  宮川真紀×奥山晶子  
--仕事をきく
  転身、転職、引越の末、開き直りの起業という名のフリーランス  金子一代  
  お店をしていることが好き  ロバの本屋・いのまたせいこ   
  ポジティブ非正規女子ワーカー   
--仕事を考える
  不安な女子学生と先生のダイアローグ  渡辺説子
  もやもやワークライフバランス  井上佐保子  
--仕事とカルチャー
  旅と私のあいだ  林あい  
  仕事文脈書店(仮):女と仕事本棚  
  マンガ わたしのしごと  関根美有  
  shigotobunmyaku photo  田中由起子

連載
無職の父と田舎の未来第3回  僕が1年考えた、「田舎の未来」について。 佐野和哉
むずかしくない会社と仕事 宮川真紀

表紙イラスト makomo
デザイン 林あい

◎手に入れやすい書店はこちら(2015年11月現在)

 

トップへ戻る