タバブックスの本

978-4-9070-5334-5.jpg

仕事文脈 vol.14

ざっし

定価  本体700円+税 
A5 判・96ページ 
ISBN978-4-907053-34-5
2019年5月12日発売予定
装丁 永井ミキジ
装画 makomo

特集:IT、AI、IoT、えっ?
これからAIが発展して、今ある仕事が半分くらいなくなるとか。
ITとかIoTとか使いこなせるかどうかで将来が決まるとか。
スマホ、仮想通貨、音声認識、べんりな先に何がある?
ディストピアでも夢の話でもない、今のわたしたちとITとかのいろいろ
◎ 特集
仕事と余暇について 海猫沢めろん(作家)
AIを通して考える「政治家の仕事」のミライ 水谷瑛嗣郎(関西大学准教授)
AI時代の「個人」と「仕事」田中潤(人工知能研究者)インタビュー
インディーズ・AI・アーティスト 田島ハルコ/Ai.step/バズの囁き インタビュー
管理部こそギークであれ 菅間碧(会社員)
無職とIT 丹野未雪(フリー編集者)
小説・C、V、E 兼桝綾
あなたのサブスク教えてください
IT立国/先進国でのくらし
IT、AI、IoT、えっ?と思って読んでみた本
◎ 連載 
【新連載】「聞く」という仕事 辻本力
Upić się warto(酔っ払うことに価値がある) 浪花朱音
さわる社会学 堅田香緒里
35歳からのハローワーク  太田明日香 
虹色眼鏡 チサ
無職の父と、田舎の未来について さのかずや
仕事回文 杉野あずさ・里鵜ミリン
文脈本屋さん 百年
  そのほか

トップへ戻る