タバブックスの本

カバー帯あり_生きるフェミ_0708

生きるためのフェミニズム パンとバラと反資本主義

【2刷】
著 堅田香緒里
予価 本体1700円+税
四六判・並製・192ページ
ISBN978-4-907053-49-9 C0095
2021年7月発売
表紙作品 フェミニスト手芸グループ山姥 かんな・マルリナ
デザイン 百﨑ゆう

 バナー_タバネット
バナー_honto-01バナー_hontoバナー_楽天
バナー_紀伊國屋

*電子書籍はこちら

私たちはみな、資本主義という恒常的な災害の被災者である。
パン(金)も、バラ(尊厳)も、両方よこせ!

蔓延する新型ウィルス、パンデミック下で強行される五輪、そして顕在化する不平等や分断。私たちが直面している危機は、COVID-19 によるというよりは元来グローバル資本主義ないしネオリベラリズムという災厄によるものであるー

女性の活躍、ケア労働、路上生活、再開発、生活保護...あらゆる格差、貧困、分断の問題を最新のフェミニズムの視点から読み解き、国内外の事例から日常的で具体的な抵抗の方法を探る。気鋭の社会学者、初の単著。

【目次】

Ⅰ パンとバラのフェミニズム/私たちはみな、資本主義という恒常的な災害の被災者である
 パンとバラのストライキ―ローレンスの移民女性労働者たちのストライキ
 「活」という名の妖怪―パンを食わせずバラ(のようなもの)を差し出すネオリベラリズム
 魔女は禁欲しない―パンもバラもよこせ!
 パンデミックにおけるケアインカムの要求

Ⅱ 個人的なことは政治的なこと/路上、工場、周辺の場から
 紙の味
 現代の屑拾い
 無菌化された労働力商品たちの夜
 「声」をきくことの無理

Ⅲ ジェントリフィケーションと交差性/日常の抵抗運動
 クレンジングされる街で
 猫のように体をこすりつけろ
 抵抗する庭
 「開発」と家父長制
 差別の交差性(インターセクショナリティ)
 路上のホモソーシャル空間
 夜を歩くために

女だからといって、派遣労働者だからといって、仕事や収入を失ったからといって、野宿者だからといって、トランスジェンダーだからといって、殺されてたまるか。誰かの「安全」のために、別の誰かの命や尊厳が犠牲にされるような社会はもうごめんだ。ーこの本は、こうした思いに共鳴して書かれたものである。(「はじめに」より)

 

堅田香緒里(かただ・かおり)

静岡県生まれ。東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程修了。博士(社会福祉学)。現在、法政大学社会学部教員。専門は社会福祉学、福祉社会学、社会政策。主な論文・著書に、エノ・シュミット/山森亮/堅田香緒里/山口純『お金のために働く必要がなくなったら、何をしますか?』(光文社新書、2018年)、「対貧困政策の新自由主義的再編:再生産領域における『自立支援』の諸相」(『経済社会とジェンダー』第2巻、2017年)、堅田香緒里/白崎朝子/野村史子/屋嘉比ふみ子『ベーシックインカムとジェンダー』(現代書館、2011年)など。

トップへ戻る